執筆ツール

MacとiPhone連携したい!データを簡単に共有する3つの方法

MacとiPhoneで連携してデータを共有したいと悩んでいませんか?

iPhoneを使えば外出先などでも執筆ができますが、「iPhoneで執筆して、後でMacで続きを書く」というやり方をすることもあるでしょう。

そこで、この記事ではMacとiPhoneでデータを共有して使う方法について解説します。

MacとiPhoneでデータを連携して活用したい時の参考にしてください!

AirDropでデータを送信する

「AirDrop」はAppleのデバイス間でデータを転送して簡単に連携できる機能です。

「iPhoneで書いたデータをその場でMacに送信してMacで編集する」

「iPhoneで書いた文章をMacに送って続きを書く」

といったことが簡単にできます。

自宅と外出先など、iPhoneとMacで文章を書くデバイスを分けている時も便利です。

AirDropの使い方

AirDropを使うには、あらかじめいくつか設定をしておく必要があります。

  1. 両方のデバイスでWi-Fi・Bluetoothをオンにする
  2. インターネット共有をオフにする
  3. AirDropを受信する設定にする

MacでAirDropを受信する設定

MacでAirDropを受信するための設定は以下のとおりです。

※ここではWi-Fi・Bluetooth、インターネット共有設定は省略します。

  1. 「Finder」を起動する
  2. メニューから「移動」→「AirDrop」をクリック
  3. 「このMacを検出可能な相手」で「連絡先のみ」または「全員」を選択

これでMacでデータを受信できるようになります。

iPhoneからデータを送信する手順

MacとiPhoneでWi-Fi・Bluetoothをオン、インターネット共有をオフ、MacでAirDropの受信設定をしたら、以下の方法でデータを送信できます。

  1. 文章を作成していたアプリから共有ボタンをタップiPhoneの共有ボタン
  2. 「AirDrop」を選択AirDropの選択画面
  3. 送信先のデバイスが表示されるので、送りたい端末を選択AirDropデバイスの選択
  4. Macにデータが保存される(デフォルトではダウンロードフォルダに保存されます)
エリ
あらかじめ受信設定さえしておけば、数回タップするだけで簡単にデータが送信できますよ

テキストエディタのデータをiCloudで同期する

iPhoneにインストールしたテキストエディタアプリを使って執筆作業をすることもあるでしょう。

その場合は、アプリのデータをiCloudに同期し、Macで編集できる場合があります。

たとえば「縦式」という縦書きで執筆可能なテキストエディタならiCloudでの同期に対応しています。

Macで編集したい時には、Macに「縦式」アプリをインストール・起動します。

そしてメニューから「ファイル」→「開く」を選択し、iCloudに保存しているファイルを選択しましょう。

そうすると、同じテキストファイルをMacで開いて編集できます。 

こちらもCHECK

小説を書くのに使いたい!執筆が捗るMacの無料アプリ 3選

Macで小説を書くエディタに何を使うか迷っていませんか? 小説を書くには使いやすいエディタが必要ですね。 有料で高機能なエディタはたくさん出ていますが、機能がたくさんついていなくてもいいので執筆がはか ...

続きを見る

メモアプリのデータをiCloudで同期する

iPhoneとMacでデータを連携するには、標準搭載のメモアプリでも可能です。

メモアプリのデータをiCloudで同期していれば、とても簡単にデータを連携できます。

アプリに執筆した原稿を共有するだけでなく、アイディアをメモとして残していたものをMacで引き継いで活用したい時にも便利です。

同じIDでログインしていれば、Mac・iPhone両方のデバイスでメモアプリのデータが共有できます。

両方の端末から一つのデータをいつでも編集可能です。

iPhoneメモアプリのフォルダ

Macメモアプリ

データが共有できない場合

もしどちらかの端末でデータが確認できない場合は、設定を見直してみましょう。

iCloudでメモを同期する設定になっているか確認します。

iPhone側の設定

  1. iPhoneの「設定」→「AppleID、iCloud、メディアと購入」をタップ
  2. 「iCloud」をタップ
  3. メモを有効にするiCloudメモの設定

Macの設定

  1. 左上のAppleのメニューをクリック
  2. システム環境設定をクリック
  3. AppleIDをクリック
  4. 「iCloudを使用するこのMac上のアプリケーション」でメモにチェックシステム環境設定のアプリケーション設定

まとめ

POINT!

  • iPhoneとMac間でデータは簡単に連携できる
  • AirDropを使えば即座に端末間でデータを転送できる
  • iPhoneのテキストエディターで執筆した文章はiCloudで同期してMacで開いて編集も可能
  • メモアプリのデータをiCloudで同期してiPhone、Macで簡単に共有できる

以上、iPhoneとMacでデータを共有して使う方法について説明しました。

Apple製品のデバイスは簡単にデータが共有できるので便利です。

外出先などでiPhoneで執筆したデータをMacで編集したい場合は参考にしてください。

  • この記事を書いた人

紫門 依里(さいもんえり)

40代のブロガー・オンラン作家。ブログでの情報発信を中心に、オリジナル小説の執筆・発信、電子書籍の出版など幅広く活動中。

おすすめ記事

1

空はいつもどこにでも同じように存在し、ふと見上げればそこにある身近な存在です。 小説などの作品で表現をする機会も多く、描写に使う言葉を探すことも多いのではないでしょうか。 そこで、この記事では空や青空 ...

2

春の描写に使う言葉や表現の仕方で迷っていませんか? 春は人との出会いや別れなど印象的な出来事が多い時期です。小説でも季節感の描写をする機会も出てくると思いますが、物語を効果的に進めるためにどんな表現を ...

3

Macで小説を書くエディタに何を使うか迷っていませんか? 小説を書くには使いやすいエディタが必要ですね。 有料で高機能なエディタはたくさん出ていますが、機能がたくさんついていなくてもいいので執筆がはか ...

4

桜の描写や表現で悩んでいませんか? 一言で桜といっても、散りゆく姿や咲き乱れる姿などさまざまな光景があり、決まった言葉で美しさを表現するのは難しいですよね。 そこで、この記事では桜にまつわる表現や描写 ...

5

小説の執筆をする時、もっと語彙力をアップしたいと悩むことがありませんか? 語彙力は、台詞や地の文を通じて情景や感情などさまざまな描写や表現をするための下地となる部分なので、できるだけ高めておきたいです ...

-執筆ツール