NOVEL-LIFE

Macで小説を書くエディタに何を使うか迷っていませんか?

小説を書くには使いやすいエディタが必要ですね。

有料で高機能なエディタはたくさん出ていますが、機能がたくさんついていなくてもいいので執筆がはかどるエディタを無料で使いたいという場合もありますよね。

そこで、この記事ではMacで小説の執筆に使える無料のアプリを紹介します。

縦書きに対応しているものだけを厳選したので、Macで小説を書きたい人は参考にしてください。

この記事の目次

  1. Pages
  2. 縦式
  3. TatePad
  4. まとめ

Pages

まず、Macで小説の執筆に使える無料アプリ1つ目は「Pages」です。

「Pages」はMicrosoft OfficeのWordのような文章作成ツールです。Macにあらかじめインストールされていて、無料で利用できます。

Pagesには以下のような機能があり、Wordと似たような使い方ができますよ。

Pagesで使える機能
  • 縦書きでの執筆
  • フォントの種類やサイズ変更
  • ふりがなや圏点を付ける
  • 目次の表示(あらかじめ段落を設定しておけば、目次をクリックして該当位置にすぐに移動できる)
  • 段組み表示
  • 文字数表示(空白の有り無しを選択可能)
  • WordやPDF、EPUB形式で書き出し など

上記のように、PagesにはWordと近い機能があり、一部の機能で互換性もありますが、Wordと比べても使いやすいです。

インターフェースがすっきりとしていて直観的に操作がしやすいので、文書作成ソフトに慣れていない人でも使いやすいと思います。

それに、文書の画面表示も美しいので、執筆のモチベーションも維持できますよ。

小説のような長文のテキストを編集するのにも便利ですね。

また、Pagesで作成した文書は、iCloud Driveを通じてiPhoneでも同じファイルにアクセスできます。

Macだとスマートフォンとの連携がすぐにできるので、いつでも編集や内容のチェックなどができて便利ですね。簡単に複数の端末から編集ができれば執筆作業も捗ります。

縦式

次に、Macで小説の執筆に使える無料アプリ2つ目は「縦式」です。

縦式は、縦書きで執筆が可能なテキストエディタです。App Storeから無料でインストールできます。

上の画像はないとモード時のものですが、原稿用紙に買いているような感覚で執筆ができ、小説の執筆にピッタリですね。

機能的にはシンプルなエディタですが、ルビ傍点見出し検索と置換PDFでの書き出しなどが可能になっています。

また、改行時に自動で一文字字下げしてくれたり、「「」(括弧)を入力すると自動で「」」(閉じ括弧)が入力されるなど、さりげなく執筆に便利な機能があります。

もし段落を変えた時に字下げを忘れてしまうと、その部分を後で修正しなければいけなくなり手間が増えてしまいますが、自動で字下げをしてくれると、そういう細かい部分に気を遣わなくて済むので効率も上がりますね。

そして、縦式はiCloud Driveに対応しているので、iOS版のアプリとテキストファイルを共有して編集しやすいです。

外出先ではiOS版のアプリ、自宅ではMacで編集という使い方が簡単にできるので、外でも執筆をしたい時にも便利ですね。

TatePad

次に、Macで小説の執筆に使える無料アプリ3つ目は「TatePad」です。

TatePadは、無料でApp Storeからインストールできるテキストエディタエディタです。

こちらもシンプルな機能のテキストエディタですが、書くことに集中できる美しいインターフェースで執筆のモチベーションが上がります。

電子書籍の本を読んでいるような感じで執筆も進みやすいですし、文字も読みやすいので、長文の執筆をしていても疲れにくいところが良いですね。

作成・編集したファイルはPDFへの書き出しが可能になっていて、段組みページ番号の表示などもできます。

また、iOS版のアプリもあるのでiPhoneでも使えます。iOS版のTatePadも、Macと同じように美しいインターフェースで使いやすいです。

iOS版を使う場合は、iCloud DriveからテキストファイルをインポートしてiPhoneと同じ文書を編集すれば便利に活用できますね。

まとめ

POINT!
  • Macの文章作成ツール「Pages」
  • iOS版との連携もしやすいシンプルなテキストエディタ「縦式」
  • 執筆に集中できるテキストエディタ「TatePad」

以上、Macで小説の執筆に使える無料アプリを紹介しました。

Macで小説を執筆したい時には、無料でも使いやすいエディタがたくさんあります。

Mac向け文章作成ツールのPagesはインターフェースがすっきりとして使いやすく長文の執筆にも便利です。

また、縦式やTatePadのように、シンプルな機能でとにかく執筆に専念できるテキストエディタも小説の執筆にピッタリですね。

無料のアプリで小説の執筆をしたいという場合には、まずは上記のアプリを使ってみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事