NOVEL-LIFE

良い人になろうとして失敗する理由

「他人から良い人と思われたい」という感情から、「他人から好かれようとつい良い人を演じてしまう」という人は、けっこう多いのではないかと思う。

とは言え、そんな「良い人」を演じることで、実際に自分が他人の目に「好感の持てる人」だと映れば良いが、一歩間違えば「お人好し」「都合の良い人」という扱いを受けることにもなりかねない。むしろ、「良い人だと思われたい」「人から好かれたい」という思いは裏目に出て、人からの評価を下げることになるほうが多いだろう。

そこで、今回は私自身がそんな経験から学んだことについて書いてみたいと思う。

————————–+++—————————

若い時、私は無意識に「他人から良く見られたい」という気持ちを抱えていた時期があった。

それは主に体質的な事情からくるものだ、私は昔から虚弱体質で、基本的に活動のレベルが低い。

そのために「だらだらしてばかりいる」と文句を言われたり、「いつも連絡が遅い」「もっとメールして」といったリクエストをされたりすることが多かった。

とは言え、そんな日常のささいなことですらも負担に感じる私には、大げさなようだが「他人との間には超えられない壁がある」という思いが拭えなかった。そして、そんな他人との疎外感が「良い人を演じる」ことにつながっていたのである。

しかし、期待とは裏腹に、その「良い人を演じる」という行為のために、返って嫌な思いをしたことのほうが多い。人に媚びようとする態度が透けて見えるのか、良く思われるどころか、逆に疎ましがられたり、都合の良い人として扱われたりする結果になることが多かった。

しかし、そんな失敗をしたからこそ分かったこともある。どうして「人から良く見られたい」と思う気持ちが逆の結果を呼び起こすのかということだ。そのポイントとしては、自分を良く印象付けようといい人を演じるということは、「自分が良い人ではない」ということが前提の行為だということだろう。

つまり、こちらが良いと思うことを、自分が相手に良く思われたいという理由で相手に押し付けているという時点で、それは良い人ではないし、結果的に相手に良い印象を与えないことにもなり得るということだ。

場合によっては、それが相手にとっては迷惑になったり、重荷になってしまうことだってあるだろう。それに、たとえどんなに良い人のように振る舞っても、実のところ、それはその場限りの取ってつけただけの行為なら、あからさまにとまではいかないまでも、何らかの不自然さや違和感が出てしまうものだ。そうなれば、良い人どころか鬱陶しい人だと思われてしまうことにもなりかねない。

もしくは、良い人を演じているつもりはなくても、人の良さを都合良く解釈されて嫌な思いをすることもあるだろう。

たとえば、たいして仲が良い訳でもない人からの頼み事を親切に引き受けていたら、そのうちに都合よく利用されるようになった……といったケースだ。人の良さや親切心というのは、一見してプラスの性質のようだが、やり方を間違えると悪く機能することも多い。人の良さにつけ込んできて、面倒事をこっそりと押し付けたり、影で得をしようともくろむ人もいるのだから。

そんなことが理由で、良い人のように振る舞っても、結果的にそれは良い方向に機能しないことも多い。特に、お互いを理解していない関係性の薄い間柄になるほど、不必要に媚びているように見える態度を取ると「信頼が置けない人」だという印象が強まり、その傾向が強まるだろう。

結局、「良い人」になろうという考えは、その相手と逆に信頼のない関係を築こうとしていると言えるかもしれない。

とは言え、良い人を演じるということを喜んでやっている人はあまりいないだろう。人に好かれようとして別人を演じるというのは不自然な行為だし、どちらかと言えば、そういう振る舞いをすることに対して、自分でも居心地が悪いと感じるのではないだろうか。

そんな時には、良い人を演じるという発想は持たずに、そのままの自分を大切にすることに意識を置くと良い。

そのほうが自分でも自分に自信を持つことができて、他人から本当の意味での好感を得られる近道になるだろう。

このエッセイを読んだ人へのおすすめ