NOVEL-LIFE

Pagesを使って小説を書きたいけど、どうやって設定すればいいか分からないと悩んでいませんか?

Pagesで小説のような長文を執筆するには、あらかじめ縦書きや文字数表示などの設定をしておくと便利です。

とはいえ、Macを使い始めたばかりなどの時にはいまいち使い方が分からないということもありますよね。

そこで、この記事ではPagesを使って小説を書く時の設定について解説します。

Pagesで小説の執筆や下書きをする時に参考にしてみてください。

縦書きに設定する

まず、Pagesで小説を縦書きで執筆する場合の設定について説明します。

文書を縦書きにするには、次の2通りの方法があります。

縦書きのテンプレートを選択する

Pagesで縦書きにする設定方法1つ目は、「新規ファイルのテンプレートで縦書きを選択する」ことです。

これから文書を新規で作成するという場合は、この方法で縦書きの文書を作成できます。

この場合は、Pagesの新規ファイルの作成で「空白(縦書き)」というテンプレートを選択してください。

縦書きのテンプレートを選ぶ手順

「テンプレートを選択」画面の「基本」→「空白(縦書き)」を選択

横書きの文書を縦書きに変換する

次に、Pagesで縦書きにする設定方法2つ目は、「縦書きテキスト」の設定を有効にすることです。

「すでに横書きで作成した文書があって、それを後から縦書きに変更したい」という時はこのやり方で縦書きにできますよ。

その場合は、以下の方法で設定してください。

横書きから縦書きに変える方法

Pages右上の「書類」をクリック→「書類」タブをクリック→「縦書きテキスト」にチェックを入れる

文字数を表示する

次に、Pagesで文字数を表示する方法です。

文字数の表示手順

左上にあるメニューから「表示」をクリック→「文字数を表示」をクリックする

もしくは、Pages左上にある「表示」をクリックして「文字数を表示」または「文字数を非表示」を選択すると、文字数の表示・非表示を切り替えられます。

※「文字数を表示」を選択すると、Pagesの画面下中央に文字数が表示されます。
※表示された文字数をクリックすると「文字数(空白なし)」「文字数(空白あり)」などから表示の仕方を選択できます。

見出しを設定する

次に、見出しを設定する方法です。

見出しの設定手順

見出しを付けたいテキストを選択→右上「フォーマット」をクリック→画面上の段落スタイルのプルダウンメニューをクリックしてスタイルを選択してください。

目次を表示する

次に、文書の目次を表示する方法です。

目次の表示方法

※この作業をする前に先に見出しを設定しておいてください

左上メニューから「表示」→「目次」をクリック

もしくは、Pages左上の「表示」→「目次」をクリックしても表示できます。

メニューから目次を選択すると、Pagesの画面左側に目次が表示され、そこから該当の部分に遷移して編集が可能になりますよ。

もし、この部分に希望通りの目次が表示されない場合は、「編集」をクリックしてあらかじめ設定した段落スタイルを選択してください。

そうすると、チェックを入れたスタイルが見出しとして表示されます。

※表示した目次を非表示にしたい場合は、Pages左上の「表示」から「書類のみ」を選択すれば文書のみの画面に戻ります。

ふりがなを振る

次に、文字にふりがなを振る方法です。

振り仮名を振る方法

まず、ふりがなを振りたい文字をドラッグして選択→右クリックメニューから「振り仮名」をクリック

表示されたウィンドウから振り仮名として表示したいテキストを選択してください。

段組みで表示する

次に、ファイルの文章を段組みで表示する場合の方法です。

段組みで表示する手順

Pages右上の「フォーマット」をクリック→「レイアウト」タブを選択→段のところにある数値を変更します

まとめ

POINT!
  • 縦書きで書くための設定をする
  • 文字数を表示する
  • 章のタイトルを見出しに設定する
  • 文書に目次を表示する
  • 文字にふりがなを表示する
  • 本文を段組みで表示する

以上、MacのPagesで小説を書くための設定について解説しました。

Pagesを使って小説の下書きをしたい場合には、上記の設定をしておくと便利です。

Pagesを使って執筆をする時には参考にしてみてください。

おすすめ記事